事故修理・自動車保険での車修理・レッカー移動

あおり運転の危険 もし被害を受けたらどうすればいい?

営業時間
朝9時~夜18時

TEL06-4304-4761

〒571-0059 大阪府門真市堂山町21-27

お知らせ

2021.11.08

あおり運転の危険 もし被害を受けたらどうすればいい?

みなさま、こんにちは。

テラニシモータース株式会社でございます。

 

近頃のニュースでもよく耳にする「あおり運転」。

実際に被害を受けた場合にどう対応すればいいのか、また被害を受けないための対策などについてお話させていただきます!

 

まず おり運転 というのがどういった行為かわかりますか?

たとえば車間距離を必要以上に詰めてきたり、車両の前方で蛇行運転をしたり、追い抜きをする際にわざと隣の距離を詰める幅寄せなどが

例として挙げられます。どれも事故を起こす恐れのある危険な行為で、実際にそういった被害にあったドライバーからすると、とても怖いことです。

 

そんなあおり運転の被害を実際に受けてしまったらどうすればいいのか。

まずは安全な場所に避難します。道路上であれば、比較的人の多いショッピングモールなどにクルマを停め、警察に連絡しましょう。

もし、相手が追いかけてきても人通りの多い場所であれば安心です。また、窓やドアは開けないようにしましょう。

 

こういったとき、ドライブレコーダーが車両に搭載されていると大変役に立ちます。あおり運転の被害を単独で受けた場合、その被害を受けたという事実を記録に

残すことは難しいです。ですがドライブレコーダーがあれば、前方または後方車両のあおり運転を記録してくれます。それを警察に提出することであおり運転の被害にあったという

証拠にすることができます。

 

数年前に比べるとあおり運転の罰則化は厳しくなっています。

それでも、あおり運転をするドライバーは後を絶ちません。

 

皆さんも、走行中は車間距離を十分に取り、譲り合い・思いあいの精神で安全運転を心がけましょう。

 

TOPへ
営業時間 朝9時~夜18時
TEL06-4304-4761